バックナンバー
映画館向上委員会
会員番号019遠藤奈美

わたしの映画選定基準、それは「男性の肉体」が見られるかどうか。
局アナがこんなことを言うとびっくりされるかもしれませんが、わたしが好きな映画は「ランボー」「007」「トランスポーター」「300」など肉体派俳優が出演している作品。
内容はどうであれ、男性のムキムキな筋肉と日焼けした肌から浮き出る血管を映画館の大きなスクリーンで見ると興奮はMAXに。でも考えてみると最近の日本映画には、ムキムキな男子が全く登場していない。日本の作品を見ていると色白で線の細い男子ばかりで野獣系男子が登場することはほとんどない。
なんて悲しいことなんでしょう。日本の女子はもっとワイルドな男子を求めているはずなのに。「ポップコーンとマッチョ俳優とコーラ」これが、わたしがもっとも幸せを感じるもの。
日本映画界に、もっと筋肉派俳優を!!


遠藤奈美 遠藤奈美(KBS京都アナウンサー)
2006年、KBS京都入社。小中学生時代をアメリカのアトランタで過ごした帰国子女。テレビやラジオでは、日本人離れした価値観を披露することも。
担当番組TV「KyobizS」ラジオ「妹尾和夫のパラダイスKyoto」「遠藤奈美の週刊シネマMAX」など。













close