ベルイマン生誕100年映画祭 公式サイト

“映像の魔術師”として世界中のアーティストに影響を与え、しばしば敬意を込めてオマージュされているイングマール・ベルイマン。彼の生誕100年を祝って、厳選の傑作8本をデジタル・リマスター版で上映。

深淵な世界観と強烈な作家性で20世紀を代表する映画監督の傑作選。

ファニーとアレクサンデル
Fanny och Alexander/1982/スウェーデン、他/311分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:ベルニラ・アルヴィーン、バッティル・ギューヴェ、アラン・エドヴァル、エヴァ・フレーリング
©1982 AB Svensk Filmindustri, Svenska Filminstitutet. All Rights Reserved.
ベルイマンの集大成。悲劇のブルジョワ、エクダール家の人々。
スウェーデンの地方都市。俳優のオスカルは、芝居の稽古中に過労で倒れ死んでしまう。残された妻エミリーは夫の葬儀を執り行った主教と再婚し、息子アレクサンデルと娘ファニーを連れ、主教館に移り住むのだが…。

夏の遊び
Sommarlek/1951/スウェーデン/98分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:マイ=ブリット・ニルソン、ビルエル・マルムステーン
©1951 AB Svensk Filmindustri
監督が幼少期に書いた小説を映画化。あるバレリーナの恋を描く。
新聞記者ダヴィッドと結婚するか、バレリーナとして仕事を続けるかの選択に悩むマリー。彼女のもとに古い日記が届き、それを読んだマリーは少女時代を過ごし、ひと夏の恋に落ちた思い出の地を訪れる…。

野いちご
Smultronstället/1957/スウェーデン/91分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:ヴィクトル・シェーストレム、イングリッド・チューリン
©1957 AB Svensk Filmindustri
老いや死、家族をテーマに、車で旅する老医師の一日が描かれる。
医学の研究に生涯を捧げ、名誉学位を受けることになった老医師イサク。しかし、前夜に死を暗示する悪夢を見たためか彼の心は晴れやかではない。彼が授与式に向かう小旅行に義理の娘マリアンヌが同行を願い出て…。

鏡の中にある如く
Säsom i en Spegel/1961/スウェーデン/89分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:グンナール・ビョーンストランド、マックス・フォン・シドー
© 1961 AB SVENSK FILMINDUSTRI
信仰と欲望をテーマに、問題を抱える四人家族の一日の出来事。
夏、孤島にやってきた作家で父親のダビッドと、息子ミーナス、娘カリン、そしてカリンの夫マーチン。しかし作家として精神不安定な彼女を見守っていこうと書かれたダビッドの日記を読んだカリンの心は乱れてしまい…。

冬の光
Nattvardsgästerna/1963/スウェーデン/82分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:グンナール・ビョーンストランド、マックス・フォン・シドー
©1963 AB Svensk Filmindustri
牧師の苦悩を通して、神の不在を宣言する”神の沈黙”シリーズ。
牧師であるトマスは、最愛の妻に先立たれてから失意の底にいた。新しい恋人のマルタともうまくいかず、その関係に疲れ切っている。そんななか、悩みを抱えた夫を助けてほしいと女性が相談しにやってくるが…。

沈黙
Tystnaden/1963/スウェーデン/96分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:イングリッド・チューリン、グンネル・リンドブロム
©1963 AB SVENSK FILMINDUSTRI
理性的な姉と欲望に忠実な妹、それを見つめる少年の沈黙。
翻訳家のエステルは、妹アナ、甥ヨハンと異国を旅している。言葉が通じない場所で孤独に過ごすエステルと行きずりの男性と関係を持つアナ。コミュニケーションが取れない世界で、姉妹の距離は徐々に遠のいていき…。

仮面/ペルソナ
Persona/1966/スウェーデン/82分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:ビビ・アンデション、リヴ・ウルマン
©1966 AB Svensk Filmindustri
ウリふたつな二人の女性、ねじれ合うように融解する仮面と人格。
女優エリザベートは、突然台詞が発せられなくなり、看護婦アルマと共に女医の別荘を訪れる。やがて二人は患者と看護婦という関係を越え、親しく接するように。ある日アルマは、堕胎した過去のトラウマを告白し…。

叫びとささやき
Viskningar och rop/1973/スウェーデン/91分/監督:イングマール・ベルイマン/出演:イングリッド・チューリン、ハリエット・アンデション、リヴ・ウルマン、カリ・シルヴァン
© 1973 AB SVENSK FILMINDUSTRI
4人の女性たちが心の底で抱える愛と孤独、生と性の断片。
19世紀末のスウェーデン。広々とした屋敷でアグネスと召使いのアンナはひっそり暮らしていた。ある日、病床に伏した彼女を見舞うため、姉と妹が屋敷にやってくるが、明け方病状が悪化し、息を引き取ってしまう…。