新着ニュース

営業時間間変更のお知らせ(1/13更新)

京都府より政府に緊急事態宣言要請の報道を受けまして、
2021/1/15(金)より20:00を目安に営業終了ととさせていただきます。

それに伴い、すでに告知しております上映時間に変更や休映がございます。
トップページより、スケジュールにてご確認をお願い申し上げます。

併せまして、感染症拡大の状況を鑑み当面の間、座席指定券の先売り販売を一時停止させていただき
当日券のみの販売を行います。
オンライン予約販売
→ご鑑賞日前日21:00より
(会員・非会員問わず)

劇場窓口販売
→ご鑑賞当日の営業開始時より

*一部特別興行作品除く

 

今後も、関係機関の決定により営業内容に変更が必要になる場合がございます。
決まり次第随時お知らせいたしますので、ご理解とご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。

全席販売再開のお知らせとご鑑賞のお客様へのお願い(12/5更新)

いつもご利用いただきありがとうございます。
当館では新型コロナウイルス感染予防のガイドラインに従い
9月19日(土)上映分より、すべてのシアターで全席販売を再開することといたしました。
(当面の間、お立見の販売はございません)
京都シネマでは従来通り、場内ではお飲み物のみ可となります。
今後もお客様と従業員の安全確保のため、感染防止対策を徹底してまいります。
また舞台挨拶等では、最前列の販売は致しません。(またはリモート舞台挨拶への振り替えなど)

お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、
今後状況に応じて内容を変更してまいりますので、
何卒みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。


【新型コロナウイルス感染予防策について】
1.マスクを着用の上、ご来場くださいませ
*お持ちでない方は窓口で販売しております
*着用のないまま劇場内へのご入場及びご鑑賞の場合には、直接お声がけいたします

2.受付、売店の列では必ず間隔を開けてお並びください
*接触を避けるため、事前オンライン予約サービスをぜひご利用ください

3.体調不良の方のご来場はお控えください
*発熱がみられる、咳・のどの痛みなどの症状がある場合、
または過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある等健康に不安のあるお客様のご鑑賞はお控えください
*場内、ロビーにて体調不良と思しきお客様がいらっしゃいましたら、お声がけをさせていただきます
*ご来場前に、検温を徹底ください(37.5度以上の発熱がある方は、ご鑑賞をご遠慮ください)

4.京都シネマ内のお手洗いは当面使用を中止いたします
*衛生面の観点より、専任の清掃スタッフが入っておりますCOCON烏丸のお手洗いをご利用ください
*女性の手洗い場のみ、従来どおり開放致しております

5.劇場の取り組み
*スタッフはマスク(状況により、手袋・フェイスシールド等)着用の上、接客にあたります
*出勤前の検温、体調不良のスタッフの出勤の停止、手洗いうがいに努めます
*場内の手すり、ドリンクホルダーは営業前に専任スタッフによるアルコール消毒を行います
*営業中は劇場スタッフにより、入れ替えごとに場内の手すり、ドリンクホルダー・座席消毒も行います
*ロビーの取っ手、手すり、その他共用部で不特定多数の接触のある部分は頻繁に消毒行います

6.その他
*入退場時には、間隔を空けて出入りをお願いいたします
*パンフレットの見本は当面の間見合わせております 12/5 再開いたしました。
*ブランケットの貸出は中止しております
*場内、ロビーは今まで以上に換気を行います
*ロビー各所にアルコール消毒を設置いたしておりますので、入退場時の手指消毒にご協力ください
*ロビーのベンチの間引き、待合のベンチはお座りいただく人数を減らします
*劇場での長居はご遠慮ください
*ロビー、場内での会話は対面にならないように、出来る限りお控えください

1/29(金)-2/4(木)【京都フィルメックス2021】開催決定(1/20更新)

 2020年の開催で第21回を迎えた、アジアの新進気鋭の作家が放つ渾身の作品が集う
日本有数の国際映画祭〈東京フィルメックス〉のラインナップを、
京都みなみ会館、出町座、京都シネマの京都3劇場で特集上映します。

日時:1/29(金)~2/4(木) 連日13:35より

■1/29(金)『消えゆくものたちの年代記』
■1/30(土)『D.I.』
■1/31(日)『平静』 *ゲストによるトークイベントあり
■2/1(月)『日子』
■2/2(火)『迂闊な犯罪』
■2/3(水)『アスワン』
■2/4(木)『記憶が私を見る』

*ゲストを交えてのトークイベントなども開催予定
*上映時間など詳細は追って更新いたします

 

– – –

■1/29(金)『消えゆくものたちの年代記』

Chronicle of a Disappearance/1996/パレスチナ/84分/監督:エリア・スレイマン

ヴェネチア映画祭で最優秀新人監督賞を受賞し、スレイマンの国際的評価のきっかけとなった記念すべき長編デビュー作。普通の人々の何気ない日常生活を点描的に描きつつ、政治や社会を鋭く風刺するその後のスレイマン作品のスタイルが既に確立されている。

■1/30(土)『D.I.』

Divine Intervention/2002/仏、パレスチナ/92分/監督:エリア・スレイマン
イスラエル領とパレスチナ自治区とに分断されたパレスチナ人カップルを主人公として中東問題を膨大なギャグとユーモアを交えて描き、カンヌ映画祭で審査員賞と国際批評家連盟賞をダブル受賞したスレイマンの代表作。原題は「神の手」という意味であるという。

 

■1/31(日)『平静』

The Calming/2020/中/89分/監督:ソン・ファン
『記憶が私を見る』で高い評価を受けたソン・ファンの監督第2作。東京から越後湯沢、香港へと旅するアーティストを主人公に、友人や家族との会話の中で自己の“平静”を取り戻してゆく女性を描く。チー・シー、渡辺真起子が出演。ベルリン映画祭で国際アートシネマ連盟賞を受賞。

《トークイベント》ゲスト:渡辺真起子さん(俳優)、上地菜々子さん(映画チア部)(1/20更新)
*該当回をご鑑賞の方のみ、そのままトークイベントもご参加頂けます。
*トークイベントのみのご参加は不可とさせて頂きます。
*登壇ゲストはすべてリモートでの参加となります。

 

■2/1(月)『日子』

Days/2020/台/127分/監督:ツァイ・ミンリャン
郊外の瀟洒な住宅に暮らすカンは首の痛みをいやすために街に出てマッサージ師を呼ぶ。やがて一人の移民労働者がカンが宿泊するホテルを訪れる……。対照的な境遇の二人の男の出会いを描いたツァイ・ミンリャンの最新作。ベルリン映画祭でテディ審査員賞を受賞。

 

2/2(火)『迂闊な犯罪』

Careless Crime/2020/イラン/134分/監督:シャーラム・モクリ
1979年イスラム革命前夜、西欧文化を否定する暴徒によって多くの映画館が焼き討ちにされた。それから40年後、4人の男たちが映画館の焼き討ちを計画する……。奇抜な発想を知的な構成で映画化したモクリの監督第4作。ヴェネチア映画祭オリゾンティ部門で上映。

 

2/3(水)『アスワン』

Aswang/2019/フィリピン/85分/監督:アリックス・アイン・アルンパク
麻薬患者や売人をその場で射殺する権利を警察に与えたフィリピンのドゥテルテ政権。その政策の下で苦闘する人々を追ったドキュメンタリー。題名はフィリピンの民間伝承に登場する妖怪の名からとられた。アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭で上映。

 

2/4(木)『記憶が私を見る』

Memories Look at me/2012/中/87分/監督:ソン・ファン
ソン・ファン監督自らが自身の家族と共に撮った長編第1作作品。彼女が南京に暮らす両親のもとを訪れる。人々との会話の中、ファンの脳裏に過去の記憶が呼び起こされる。ソン・ファンは『ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン』に出演した経歴もあり、若手作家を積極的にサポートするジャ・ジャンクーがプロデューサーをつとめた。ロカルノ映画祭でワールド・プレミア上映され、最優秀新人監督賞を受賞。

1/30(土)-2/5(金)【連続講座:現代アートハウス入門 ネオクラシックをめぐる七夜】開催決定 (1/15更新)

京都府への緊急事態宣言発令により、本イベントの開催時間が変更になりました。
ご来場予定の皆さまは十分ご注意くださいませ。
上映時間 19:00→16:50

 

“ミニシアター”という呼称で親しまれてきた日本の〈アートハウス〉。
本講座では、〈アートハウス〉の歴史を彩る傑作を「ネオクラシック」と呼び、
全国18の映画館で、7夜連続日替わりで同時刻上映。2000年以降デビューの映画作家を講師に迎え、
レクチャーやゲストとのトークで上映作品の魅力を語る。

■1/30(土) 16:50~
第1夜:ミツバチのささやき
El Espiritu de la Colmena/1973/西/99分/監督:ビクトル・エリセ/出演:アナ・トレント、イサベル・テリェリア、フェルナド・フェルナン・ゴメスⒸ2005 Video Mercury Films S.A.

《ひとりの少女が体験する、現実と空想の世界を繊細に描き出す。》

内戦終結直後の荒れ果てたスペイン、カスティーリャ高原の小さな村。移動巡回上映で見た「フランケンシュタ イン」を精霊と信じた少女アナは、村はずれの廃屋で傷ついた一人の兵士と出会う…。アナを演じた当時 7 歳の アナ・トレントのイノセンスは、見る人の心をとらえてはなさない。名匠ビクトル・エリセの長編第一作にして、 映画史に刻まれたあまりにも美しい傑作。

◇トーク:濱口竜介(映画監督)×三宅唱(映画監督)×三浦哲哉(映画研究者)

 

■1/31(日) 16:50~
第2夜:動くな、死ね、甦れ!
Замри, умри, воскресни!/1989/ソ連/105分/監督:ヴィターリ―・カネフスキー/パーヴェル・ナザーロフ、ディナーラ・ドルカーロワ  ⒸLenfilm Studio

《監督自身の幼少の記憶をもとに、少年少女の過酷な運命を描く。》

第二次大戦直後のロシア。収容地帯と化した炭鉱町に暮らす少年ワレルカ。無垢な魂を持て余し、不良ぶっては度々騒動を起こす彼を、いつも守護天使のよう救ってくれる幼なじみの少女ガリーヤ。2人に芽生えた淡い想いは次第に呼応していくが、放校されたワレルカが町から逃げ出すと、運命は思わぬ方向へ…。54 歳の新人監督とレンフィルムが生んだ心揺さぶる映画の奇跡。

◇トーク:山下敦弘(映画監督)×夏帆(女優)

 

■2/1(月) 16:50~
第3夜:トラス・オス・モンテス
Trás-os-Montes/1976/ポルトガル/111分/監督:アントニオ・レイス、マルガリーダ・コルデイロ 写真提供:コミュニティシネマセンター

《フランスの批評家たちを驚嘆させた伝説的フィルム。》

ポルトガルを代表する現代詩人であり、マノエル・ド・オリヴェイラ監督『春の劇』の助監督を務めたアントニオ・レイスが、精神科医のマルガリーダ・コルデイロと手がけた初長篇。ポルトガル北東部ミランダ地方の生活の細部を記録した画面に、やがて夢幻的なイメージが横溢する。公開当時、フランスの批評家たちを驚嘆させ、後にペドロ・コスタ監督にも影響を与えた伝説的フィルム。

◇トーク:小田香(映画作家)×柳原孝敦(翻訳家)

 

■2/2(火) 16:50~
第4夜:緑の光線
Le Rayon Vert/1986/仏/94分/監督:エリック・ロメール/出演:マリー・リヴィエール、リサ・エレディア  ⒸLes Films du Losange

《愛と幸福を求める女の孤独なヴァカンス物語。》

太陽が沈む瞬間に放たれる緑の光線は幸運の印。オフィスで秘書として働くデルフィーヌは、ヴァカンスを前に胸をときめかせるが、現実は思うようにはいかない。ひたすら愛の訪れを信じて夏の光に彩られたフランスを北から南、東から西へと彷徨う彼女が最後に出会う奇跡とは…。1986 年ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞した巨匠エリック・ロメール「喜劇と格言」シリーズの一編。

◇レクチャー:深田晃司(映画監督)

 

■2/3(水) 16:50~
第5夜:山の焚火
Alpine Fire/1985/スイス/117分/監督:フレディ・M・ムーラー/出演:トーマス・ノック、ヨハンナ・リーア、ロルフ・イリック、ドロテア・モリッシ、イェルク・オーダーマット

《自然に囲まれた神話的な世界で、人間のリアリティが溢れだす。》

下界から隔絶されたアルプスの山腹で自給自足の生活を送る 4 人家族。姉と両親の愛情を一身に受けて育った聾啞の弟が家を飛び出し、山小屋でひとり生活を始めると、やがて姉の妊娠が発覚し…。狂おしいほど雄大な自然の懐で紡がれる創世神話的な物語。“ヌーヴォー・シネマ・スイス”の旗手としてダニエル・シュミットらと並び称されるフレディ・M・ムーラーの伝説的傑作。

◇トーク:横浜聡子(映画監督)×カラテカ矢部太郎(芸人・漫画家)

 

■2/4(木) 16:50~
第6夜:阿賀に生きる
1992/日/115分/監督:佐藤真 ©阿賀に生きる製作委員会

《新潟水俣病の舞台となった阿賀野川流域に暮らす人々の生の記憶。》

日本海に注ぐ阿賀野川。その川筋に住み込んだ佐藤真ら7人のスタッフは、田植えを手伝い、酒を酌み交わしながら、阿賀で暮らす人々の生活を3年間にわたり撮影した。新潟水俣病という社会的なテーマを根底に据えながらも、人間の命の賛歌をまるごとフィルムに写し、当時としては異例のドキュメンタリー映画のロードショー公開がシネ・ヴィヴァン・六本木で実現した。

◇トーク:小森はるか(映像作家)×清田麻衣子(里山社代表)

 

■2/5(金) 16:50~
第7夜:チチカット・フォーリーズ
Titicut Follies/1967/米/84分/監督:フレデリック・ワイズマン 写真提供:コミュニティシネマセンター

《ドキュメンタリーの巨匠ワイズマンの長編デビュー作。》

マサチューセッツ州ブリッジウォーターにある精神異常犯罪者矯正施設の日常を克明に描き、収容者が、看守や ソーシャル・ワーカー、心理学者たちにどのように扱われているかを浮き彫りにした本作は、完成一年後の 68 年 から 91 年までの間、裁判所命令によって一般上映が禁じられていた。フレデリック・ワイズマンの監督デビュ ー作にして、アメリカン・シネマ・ヴェリテの金字塔。

◇レクチャー:想田和弘(映画作家)

来場者プレゼント情報

来場者プレゼントは、下記の通りとなります。
【ご注意ください】
お渡し方法は開場時、初日の初回の上映5分前よりご入場順にお渡しいたします。
(いずれも先着順・なくなり次第終了)
会員先売りやオンラインでの購入、または2回目以降の上映のチケットを購入なさった場合でも
上記順番でのお渡しとなりますことをご了承くださいませ。

配布方法が通常と異なる場合には、チケット販売開始日までにお知らせいたします。

 

 

 

 

前売り券販売情報

現在販売しております前売り券は下記のとおりです。
*公開の前日の最終回の上映がスタートするまで販売しております
*特典の在庫は随時更新しておりますが、ご心配な場合にはお電話にて確認くださいませ

 

2/19公開『めぐみの誓い』
特典なし
1200円

 

特別興行作品情報

通常料金とは異なる作品は下記のとおりです。
通常よりお安い場合の掲載はございません。

 

1/15公開
『バーンスタイン&ウィーン・フィル ベートーヴェン全交響曲シネコンサート』
2800円均一
 *会員・サービスデー等各種割引サービスの適用不可
 *各種団体券、招待券使用不可

1/30公開
『連続講座:現代アートハウス入門 ネオクラシックをめぐる七夜』
各プログラム 30歳以下:1200円 31歳以上:1800円
 *会員・サービスデー等各種割引サービスの適用不可
 *各種団体券、招待券使用不可

3/19公開
『マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴』
一般:2500円
学生:2200円
*会員・サービスデー・各種割引サービス適応不可
*各種団体券、招待券使用不可

オンラインチケット予約サービスをスタートいたします(11/24更新)

ご鑑賞日のお客様による日時間違いおよびキャンセル等は、一切お受付できませんのでくれぐれもご注意くださいませ

いつもご利用いただきありがとうございます。
2020年9月19日(土)販売分より、「オンラインチケット予約サービス」をスタートいたします。
併せまして、見合わせておりました窓口での先売り販売も再開いたします。詳細は下記の通りとなります。
今後も少しでもみなさまに快適にご鑑賞いただけるよう、引き続き努力してまいります。

【オンラインチケット予約サービス】
京都シネマHP内にて、クレジット決済のみ
購入可能券種:一般、シニア、ペア割50、学生、障がい者、京都シネマ会員、サービスデー(水曜日・毎月1日)、一部提携割引、プレママ割、1000円パスポート(ミニシアターエイド)
*前売り券・ムビチケ・団体券・未来チケット、フリーパスポート(ミニシアターエイド)・会員券(web招待券含む)・招待券は窓口でのみ対応
*一般、会員以外でご鑑賞のお客様はすべて劇場入り口で証明書の提示が必要です。お持ちでない場合には適正な差額を頂戴いたします
*購入にあたりましては、利用規約を十分にご確認ください

京都シネマ会員:上映の3日前より、当日上映時間の30分前まで
購入可能枚数:1作品につき4枚まで、合計4作品

会員でない方:上映の2日前より、当日上映時間の30分前まで
購入可能枚数:1作品につき4枚まで、合計1作品
*それを超える場合には複数回の決済をお願いいたします。

【劇場窓口先売りサービス】
京都シネマ劇場窓口にて、現金決済のみ
購入可能券種:すべての券種(一部、除く)

京都シネマ会員:上映の3日前より、当日本編上映開始まで
会員でない方:上映の2日前より、当日本編上映開始まで

 

【ご入場につきまして】
オンラインで購入のお客様は電子チケットとなりますので、お持ちのスマートフォンやタブレットでQRコードを表示の上
劇場入り口の読み取り機にかざしてご入場くださいませ
窓口で購入のお客様は紙チケットを発券いたしますので、直接読み取り機にかざしてご入場ください
*オンライン購入のお客様でスマートフォンやタブレットをお持ちでない方は当日窓口で紙チケットを発券いたしますので
購入時の「予約番号」「電話番号」をお伝えください
*車いすスペースでご鑑賞のお客様は、窓口でお受付しております

レジ袋有料化のお知らせ(7/1更新)

2020 年 7 月 1 日より 『レジ袋有料化』に伴い、6月30日(火)をもちましてレジ袋の無料配布を終了いたしました。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

デジタル会員(サポート)にご入会いただいたお客様へのお知らせ(6/6更新)

2020年度、Web上にてサポート会員にご入会いただいたお客様には、
窓口にて、入会特典の唐長文様クリアフォルダをお渡ししています。
ご来場の際は、デジタル会員証、または登録完了メールをご提示の上、
スタッフにお申し付けくださいませ。

会員マイページへのログインについて(6/18更新)

 

ログインに必要なパスワードを忘れた場合について
→メールアドレスを登録済の方
こちらからパスワード再登録ができるようになりました。
 
→メールアドレスを未登録の方
窓口でのご入会及びご更新時にお渡ししている領収書に初期パスワードの記載がございます。
メールアドレスの登録は、恐れ入りますが一度マイページにログインしていただき、
「会員情報変更」ボタンよりお願いいたします。

領収書を紛失された方は、お手数ですが、
お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。


京都シネマ会員マイページ

みなさまには、より便利にご利用いただけますよう引き続き努めてまいります。